071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

category :つぶやき&ペット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良かれと思って・・・。

良かれと思ったことは・・・本当はどうなんだろう?


実は、めったにない体験をしてきました。

すぐ近くに郵便局があるのですが、その帰り、郵便局の隣のスーパーの駐輪場でざわざわとした騒ぎが。

ちらっと見てみると、おばあさんが自転車から転んだ状態で顔から出血していました。

周りに集まっていろいろ話をしているおばさんたちがいたのですが、

周りにいるだけでなんかラチがあかない。


一人の同年代かなと思える主婦の方が、「救急車よびましょうか?」

と言っている声が聞こえました。



私はあまり外にいたくない気持ちだったので、そのままやり過ごすこともできたのでしょう。

でもあまりにも出血がひどいので、思わずその輪の中に入ってしまってました。


頭から出血しているようで、自転車で転んだ衝撃なら、強いものかもしれない。

それに85歳という年齢を聞くと、大腿骨などの骨折もあるかもしれない。

ご本人は、「家近くなので・・・」と言っています。

でも「家族誰かいるの?」と聞いても、頭がぼっとしているようで反応がないのです。


名前を聞いても答えがない。


やっぱり救急車呼びましょうと、同年代の主婦の方と話し、私はお店の人を呼びにいきました。

椅子を持ってきて、座れる状態を作ってもらい、荷物、そして自転車を、スーパーの方に託しました。


「サイレンの音が聞こえたら誘導お願いします。」といって、その場を離れました。

後はお店の方が5人ほどスタンバイしてくれていたので大丈夫だと思ったのです。


本当なら、最後までついて行ってあげる方がよかったのかもしれません。

でも自分の身体でそれはできなかった。


そして家に帰って、ハタと思ったんです。

その転んだおばあちゃんが、本当に病院に行きたくなかったのだったら、私たちの行動は余計なお世話。

そんなことを考えながら、何が良かったのだろうと考えてしまいます。

みなさんならどうされますか?


人のこころって、迷い込んだら抜け出せないものですよね。

私のとった行動は正しかったのか?

後半日は悩みそうです。


今日の私の目標メモは、洗濯、にゃんこのトイレ周りの掃除。

でもなんか悩んでしまって、できるか不安。




悩みといえば、家のアンジィ。モーちゃんより大人なのに、大きさが逆転してしまいました。


ちょっといじけてます。

アンジィは尻尾がいつもプリプリ動いている子で、一分に40回は振ってるんじゃないかな(^^)

それが、モーちゃんの素敵なおもちゃになっています。


アンジィの足は私の手の小指程度。手のひらも直径1cmあるかないか?体重だって、1200g程度。

チワワだもん、仕方ないよ。特にアンちゃんは極小犬なんだから。

でも家は年功序列という古いしきたりを守ってます。

だから大丈夫だよ。

あんこ


アンジィ


にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:心の持ち方
ジャンル:心と身体

悪魔と天使

パール負けるな!

モーちゃん


モーちゃんの毎日は自由奔放。うらやましい・・・。

でも他のちびたちが被害を被る。

特に猫のパール。「にゃんこ魂見せてやれ~」と思います。パールがんばれよ~!!でも何もしない優しいパールにこころが痛いです。

昨日のボランティアも、ぐずるT君を笑わせてくれたのはパール。家の保育士であり家政婦??


でもこれもモーちゃんにとっては遊びなんだよね。

親がいないからパールに甘えてるんだよね。男の子だけど(--)

と少し考えてみます。


でもパーちゃんが乗っかられているのがかわいそうで、引き離してしまう。

以前はパールがみりもにこれをしていたな~なんて思い出して涙・・・。



ただ、これって、人間が勝手に思う余計なことかもしれない。


にゃんこはにゃんこ同士遊びがあるのかな?

そういえば、パールもちびの時そうだった。今のモーちゃんそっくり。


そして良い子に育った。みりもは女の子だったけど・・・。その辺微妙。

ただただ、モーちゃんが成長とともに、いい子になることを祈るばかりです・・・。

でもかわゆいのですが・・・。



昨日は、玄関周りの掃除、そしてガレージの掃除もできたんです。

やったー!

自分でそう感じました。

でも台風が来てるから、また枯葉とかたまっちゃうね。

と思い、また未来のメモに、玄関周りとガレージの掃除っと書きました。

まるで子供だな~と思いながら、少し嬉しかったりして。


筑前煮もできたし、ごはんも炊いた。


家、炊飯器ないんです。主人が嫌がって、土鍋でしか炊かせてくれない。

最初は抗議しましたが、なれました。ただ、めんどくさいと思う自分が今います。

ママも頑張るから、モーちゃんもいい子になるよう頑張って!

と伝えようと思ったらこの姿。

このまま添い寝しようと思います。



モーちゃん3


にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ





テーマ:気付き・・・そして学び
ジャンル:心と身体

みんな寝不足・・・モーってば!

みんな寝不足(--)

その原因は寝てる


写真





先ず私の事を少し。

昨日ブログの友達からアドバイスをいただいて、一日することをメモに書くようにしました。

でも自分なりのルールを決めて。

〇できなくても自分を責めない
〇無理してまでしない。
〇その日一日の些細なことでいい
〇将来的な目標も忘れないため入れておく


で、私の立てた計画は、リビングの机の上の片づけ、1階の掃除、薬を毎食後ちゃんと飲む等々

笑わないでください。できていなかったことなんです。

で、結果できたことは1階の掃除。洗濯物をたたんで片づける。机の上少しだけ片づけ。


でもなんかうれしかった。いままで、身体がしんどくてできなかったことを、少しでいい。やろうと思ったことをできた自分が。こころに一番よかったのかもしれません。


また、追加でやれたことがあったから。

ブリ大根をつくって、ポテサラを作りました。

これで主人は帰ってきてすぐごはん食べられるなって思うとうれしかった。

無理して大きなことができない自分を責めていた自分の肩が軽くなった。

これでいいんだって思えた。


ありんこの歩み・・・。私に今できること。

それに今日もファミリーサポートのボランティアの日です。

私でも役に立てるならそれが今は幸せ&気力につながります。




そして睡眠不足の理由は、タイトル通り、モーちゃんの運動会です。

やっぱ秋になるとしたくなるのかなぁ?

でも誰とも競争していないし、一人運動会??

わんこのシエラもアンジィも驚いて、寝るどころではなく、アンジィなんて吠えまくり。

ちびなので声も小さいですが、私たちは眠れない。


どのタイミングで「やりきったどー」と思うのか、今夜じっくりモーちゃんと話してみたいと思います。


でパールが一番迷惑を受けた。だからこの有様。


PC開けないよ~といってもどいてくれる気配なし。

かすかないびきも3つのお口からもれてるし・・・。

いつも朝ごはん食べたら3階でまったりするパールが、私のPCの上で寝こけてました。
でも、このピンクのPOW。寝てるけど、時折ぷにぷに触ってしまう自分が抑えられません。かわゆい。
こんな柔らかい、まん丸い手で手をつないだら、みんな幸せになれそう。

「戦争反対!」とかいうスローガンのポスターにいかがでしょうか?

写真


にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ

テーマ:気付き・・・そして学び
ジャンル:心と身体

モーちゃんの叫び

モーちゃん、命の叫び


私が正式名アン・モーリー、略称モーちゃんと出会ったのは一か月ほど前だったかと思います。

家の近所には、地域猫がいて、世話をしている人、ペットボトルで家を守る人、まちまちです。

家の裏にも、以前、猫の排泄物が匂うと裏の奥さんから苦情をいただいたことがあります。

それだけ多いのでしょうか?

確かに見かける回数は多いです。


ある日、ほんの数分の郵便局へ行こうとしたとき、おたけびのような「みぃぃぃぃぃぃ~」という声が聞こえました。

そこは駐車場のあるところで、地面は整備されていません。

「きっと猫がいて、草むらに隠れているんだろうな」と思い、もう身体は動き出していたのですが、

みりもの事もあり、躊躇している自分もいました。


まだ陽もさんさんと照って、暑い日でした。


そっと、そっと、草むらを見に行くと、なんとまだ生後2か月にも満たないちび猫が一人ぼっちで必死で鳴いていました。


アメリカンショートヘアーのような、歌舞伎顔。大きな耳、そして大きな手のひら。


でも身体はかなり小さい。


一時人間にご飯をもらっていたのでしょうか?逃げるそぶりは見せません。

近づいて口許から頭をなでると、素直になでさせてくれます。

首輪もない。爪も伸びている。でもまだ歯がそろっていない。


これ、ほっとくと死んじゃうよね。

この、神様の与えた命死んじゃうよね。と自問自答しました。

そして、ダッと抱いて、家に連れて帰りました。


野良ちゃんは、いろんな病気を持っています。しかも生後1か月程度であれば親のミルクもろくに飲んでいない。免疫もあんまりもらってないのかな?


とりあえず、家で、他の子たちを遮断して、ノミ取りシャンプー。2回ほど洗いました。


お腹がすいていたようで、パール(大人猫)のレトルトを少し上げると、完食しそうな勢い。

とりあえず牛乳も少しあげたら、やっと落ち着いて膝の上でクークー眠り始めました。

ワクチンにはまだ早い。近いうちに獣医さんに連れて行こう。

それから、子猫用ミルクと哺乳瓶を買いに行きました。子猫用ごはんも。

どこにそんなパワーがあったのか不思議です。


そういういきさつでいま、我が家にモーちゃんはいます。



今思えば、モーちゃんは、誰かを探していたのではないかと。

だから思いっきり「みぃぃぃぃぃぃ~」と叫んだ。

そこに私が通りがかった。

この3行で縁ありと思っていいですか?



モーちゃんは生きようとしていた。神様のくれた命を。

それが叫びとなって私に届いたのかな?






※この写真あえて、撮ったアングルにしています。モーちゃんらしいから。
不安定さはご勘弁ください。

でもこのあどけない顔、大きな手、でも手、丸まってるんです。お子ちゃま丸出し。
写真


にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ

テーマ:心に響く言葉・メッセージ
ジャンル:心と身体

ショックの尻尾

ショックからの立ち治り?? 


昨日、主人の帰りを待てずに倒れこむようにベッドに入りました。

頭の中、目にした光景が、走馬灯のように周り続けます。

こころを締め付けることばかりぐるぐるめぐる。

結局昨日は、夜にリンゴ半分食べてそのままです。


そして今朝、私を襲った、下痢、吐き気と目まい。階段を降りる途中で座り込んでしまいました。

ダメだ、今日は、まだ復活できてない。



いかんいかん、相当なダメージを受けている。

そして自分でわかるのは、身体よりこころのダメージ。


昨晩夢を見ました。

実は私は高校に行っていません。

ぐれていたわけでも、ヤサグレテいたわけでもありません。

古いですが尾崎豊の「この支配からの卒業」を少し早目にしてしまっただけなのです。

そのあと、大検を受け、普通の大学にも進学しています。


昨日夢に見たのは、大検の勉強をしているとき。

一人の男の子がいました。同じ年齢でした。

私が17歳で大検全部の試験に受かり、大学受験資格をもらった当日、

彼はビルから飛び降りて死を選びました。

辛いです。自殺なんて。まだ若い、やり直しも、他の選択肢も、未来は無限に広がっているのに・・・。


S君にもそういう思いを抱いていたからかもしれません。



当時はまだ大人とは言えない年齢でしたが、お通夜、告別式に行った思い出が、ふっとよみがえってきました。

彼は、ご両親とも教育者で、特に厳しく育ったと、あとで、大検の学校の先生に聞きました。


そして彼のご両親が、大検合格の期限をその年と決めていたようです。

でも彼は数科目落ちてしまった。真面目な人だったのだと思います。

そして、その結果発表の日、自ら命を絶ちました。

当時の私は、悲しいだけで、深い考えはなかった。


今ならわかる。とは言えません、でも寄り添えるかもしれない。でももう遅い。


親の決めた期限を守れなかった。そして、死ぬことしか頭に浮かばなかったのではないかと・・・。

古い話なんですが、とてもリアルに夢を見てしまいました。


そういえば、あの思春期の頃、いっぱい友達を失ったよな・・・?

シンナー吸ってバイクで暴走し亡くなった友人、うつ病が悪化して、病院に入院させられた友達。

そして10代で4回目の中絶手術を受けた女の子。

みんな、生きているのかな?とすら思ってしまいます。


私は、家庭内が戦争中のような家で育ちましたが、唯一祖母だけが、愛情を惜しみなく与えてくれました。

だから、世間に顔向けできないことはできなかった。おばあちゃんが悲しむから。


そうなんです。本当に一人でも、自分をわかってくれる人がいると、道を外さない。


S君の家族がとか、古い友人の家族がとかではなく、私の場合はそうだった。


そして、飼うということで任された一つの命、わんこがきたのは11歳の時でした。

責任を自分が持たなきゃいけないということが、人によっては成長の糧になるのかもしれませんね。


ぼつぼつと思うままに書いてしまいましたが、まとまっていないことすみません。

今日の私は、ヘロヘロだと思います。


自分の「癌」なんて忘れるくらいに、思考が駆け巡り、過去と今をごっちゃにしています。


落ちつけ~落ち着け~ぴよこまめ。

あんたみりの面会いくんでしょ。


午後には落ち着いていられますように。


今みりを見ると泣いてしまいそうです。


ただ、みりは生きようとしている。

動物は自殺なんて考えませんもの。

ママがいつもここにいるから。いつも最大の愛を持ってここにいるから。
みりも。頑張れ。強い生命力なんだから・・・。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ

テーマ:心の叫び
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。