0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

category :男と女

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクハラという化け物

セクハラという化け物
戦い、そして決着!

そんなこんなで、私の写真の師匠(もう師匠とさえ呼びたくない!)Xは、表向き、技術を教えるふりをしながら、それでもまだ、私を弟子ではなく、女として見ていました。

なんか男の腐ったタイプ。


「ここまでしてやっているのに。」
「こんなに面倒見てやっているのに。」


という言葉を平気でいうタイプでした。

私はもうあと少しの弟子入り期間を残して、この人には学ぶことはないと思い始めていました。

技術はあっても、人間として最低。

結局Xの欲しいものは、弟子=愛人としての性的関係。


「ざけんじゃねぇよ」とご都合主義の男に対して思っていました。

それから、事務所を休むことが増え、連絡はしてたので、叱られることもなく、孤独な撮影生活を続けていました。


ある日、実家の母が、北海道へ行かないかと誘ってくれました。

気分転換になるなと思って一つ返事で一緒に行くことに。

そしたら、北海道で、Xからの電話の応酬、いつまで休むんだ、このままフォトグラファーになれなくていいのか?

などと、勝手なことで、叱り倒されました。

私は、思わず母に相談、もちろん、母は、この旅行が終わったら、すぐに実家に帰りなさい。

そりゃそうだよね。

私もXには辟易していました。もういい。あいつに教わっても、いい写真なんて撮れない。

だから縁を切る。そこまで決断してました。


そして、母との北海道旅行が終わり、一応、銚子の家に帰ったのです。

そしたら、「翌日、話があるからXの事務所に来い!。これが最後のチャンスだ。」という内容のメールが入っていました。

脅しに近いなと感じながらも、こういうの断れない自分がいるので、翌日適当な時間にXの事務所を訪ねました。

大きなスーツケースをもって、すべての荷物を持ち帰るように。


一通り、荷造りが終わって、Xの事務所へ。

彼は、また哀れにも、札束を目の前において、「この金で3週間僕の撮影に付き合ってほしい。そして、その期間に
僕の技術を全部教えるから」と言いました。


私は少し考えました。考えるふりをしたのかもしれません。


「結構です。あなたから学ぶことはもう何一つありません、本でもよんで勉強したほうがまだましです。」
「あなたは写真家としては成功なさった方でしょうが、人間としては最低の人です。」

余命をH子と幸せにお過ごしください。


そのまま、席を立ちました。

で、関西に戻ってきて、弁護士さんをたてて、セクハラ裁判を起こすことになったのです。

今や書店で、彼の名前の書籍を見る確率はほとんどありません。

引退されたのでしょうか?

私の苦いセクハラの記憶です。

でも一歩まちがえれば、レイプされていたかもしれない。


昨夜の夢はきつかったです。

私は、今でもXの名前を見ると、立ちくらみがします。動悸と息切れ、まともに立っていられない気持ちです。

憎しみしか覚えません。許す気持ちすら持っていません。

裁判の際、彼は、全面的に私が誘惑したと述べました。被害者は自分たち夫婦であると・・・。

汚すぎる。人間てなんて汚物なんだろう。そう思った一瞬でした。

結果、私のもっていた証拠品が取り上げられ、全面的私の勝訴になりました。

次は、結婚後のセクハラ話があります。

穏やかな主人が鬼のように怒り狂った事件です。

またおいおい書いていきたいと思います。



話は変わりますが、今日のお昼はバゲットと、ヨーグルト。夜はチキンカレーの予定です。


つまらない話を書いてしまってすみません。

でも吐き出したいものの一個だったのですね。

すっきりしております。聞いてくださってありがとうございます。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ:心の叫び
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。