071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

category :家族との確執

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭内騒動 嵐の後の静寂

嵐を乗り越えて・・・。 



昨日は正直言って、私は腐ってました。

ブログを書く資格なんてないのかと思ったりして・・・。


ヤケになっていたのです。

家族なのに、わかり合えない。責められるばかり・・・と。

主人を疎ましく感じていたのだと思います。

それは自分が子供だから。わがままだから。


でも恥ずかしながら、またブログ書いています。


たくさんの励まし、暖かいお叱り、いただきました。

「こんな私に・・・」と思って涙が止まりませんでした。

不安定になっているときに、支えて下さる皆さんがいること。

私は幸せだと思えました。


そんな私自身を、自分で落とし込んではいけない。

ある方からの言葉。「腐ってはいけないよ」という一言が再度胸に響きました。


感情的なもの、実際の痛み、すべて正直に書いてしまう私がいます。

もっとヴェールにつつんで書けば、冷静さを失わないブログになるのに。


読んで不愉快な思いをした方もいらっしゃるでしょう。

ごめんなさい。でも感情をごまかすことはできません。

このまま、続けさせていただいていいでしょうか?


昨日は、一時暴風域に我が家は入りました。


疲れ切って眠っていた私に、主人が怒鳴りこんできたのです。

もちろん治療の事。薬を飲まない私に、きっと堪忍袋の尾が切れたのでしょう。


叩き起こされて、こんこんとお説教をされました。


「生きるために何が必要なのか、わかってるのか?

お前は自分の事しか考えていない!


俺も疲れたよ・・・。」



なのに私が返した言葉。
「死ねばいいんでしょ」

まさに、売り言葉に買い言葉。

言ってはいけない言葉でした。

今ならわかる。どれだけ主人が心配していたのか。

でも、主人も疲れ切っていたのでしょう。思わず顔をパチッと平手打ちされました。


その行為に、私も気が強い部分があって、倍返しです。

暴れまくって、抑える主人の手を振り払って、ビンタ仕返していました。

泣きじゃくる私。怒りを抑えている主人。


その暴風域を乗り越えて、私は一日何も食べず、眠っていました。

起きたのは今朝6時。

自分の事ばっかりで、頭がいっぱいで、主人の気持ちを考えていなかった。

目が覚めた時、隣に主人が寝ていました。

家庭内別居は終わったようです。



ただ、とっても複雑な思いを今は抱えています。

これから、こんなことが起きないか?私のこころが病んだりしないか?

同じことの繰り返しをするのではないか?怖いです。


今朝少し顔を合わせましたが、何も言えず・・・。


ただ、彼が家を出てから「ごめんね、ずーっと嫌な思いをさせて。」

とメールを送りました。正直に思った言葉でした。


「もういいよ。頑張って治療していこう。」
としばらくして返信がありました。

私はこれからどういう風にこの現状を付き合えばいいのか?

誰にも心配かけないようにしないと。

すでに、乳癌になった時点から心配かけているのだから・・・。

薄暗い迷路の中にいる気持ちです。


人間にできること。考える事。今日一日は考えることになりそうです。


ただ、生きることはあきらめちゃいけない。

何があっても、生きていれば、いいこともある。

そして腐っちゃいけない。人として腐っちゃいけない!

こんな私でも支えてくれる方がいることに、感謝して、生きて行きたい。

それを忘れたら、人ではなくなる。

そういう思いを抱いています。

昨日、取っ組み合いをしたせいで、両腕が痛く、重いものが持てないです。

撮影の仕事も無理をして、ミスがあるといけないので、今回は断ろうと思っています。


やるならきちんとしたい、仕事だから。

また次の機会に期待します。



なんで主人は「離婚」を言い出さないのか不思議に感じてきました。

それだけのことを私はしてきたのだと思っています。


そういうことも、考えていきたいと思います。




にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:幸せになる方法
ジャンル:心と身体

家族とのすれ違い、生きる意味への疑問。

主人との確執、すれ違い


今日は私の希望もあって、外食につれていってもらいました。

でも、食べながら話しているうちに、いろんなことで、主人と私の考えが異なることが発生して、

どんどん気まずい雰囲気に。お説教を受けるだけの私。


まるで子供のころのようだ。

いい子でいないと認めてもらえない、愛してもらえなかった、両親に対しての、幼い私が身体の中に生まれる。


インナーチャイルドの出現。

まだ癒されていなかったんだ。



彼は私の身体を心配して言ってくれている。

でも私はこういう時はそういうこと言われたくない。

彼は私を信用していないという気持ちになった。


お前は自分に甘い、他人にも甘いけど・・・・。


じゃあ、あなたは自分に甘くて、人に厳しい・・・。

という言葉のやり取りになって、非常に気まずくなった。

もう家族では外食をしない。だって楽しくないから・・・。

自由も何もかもないから。そこまで思い詰めた。


再度思う。でもそれは私の身体を心配していってくれているんだろう。

素直になれない自分がそこにいました。


「素直に自分の身体の現実を受け止めて自分を愛して、そして、家族に感謝の気持ちを素直に持てる」


そういう人に慣れていない自分がいた。


自分自身の身体(治療)の辛さ、こころの辛さ、そういったものを持ち出すのは卑怯なことなのかもしれないです。

でもこころの中にどうしてもそれがあって、「あなたに私の本心はわからないじゃないの!」という気持ちがどんどん大きくなってしまって。・・・最悪!


家に帰りましたが、それぞれ別の部屋にこもって顔を合わせていません。

毎週、主人が休みの時は最近はいつもそう。

楽しくない。お互いに。

どうしてこうなったのか?


私の病気のせい?そしてそれに立ち向かえていない自分がいることをわかっているから・・・。


いい子になんてなれない、今はまだ。
現実逃避したくて、したくて仕方ない、気が狂いそうな瞬間がある。

夜の睡眠導入剤を大目に飲んで、今夜はぐっすり眠りたい。それが今の私の望むこと。

そして迎えるであろう、明日に対して今から不安を覚えてしまっている。


私はたくさんの人を傷つけて、心配と迷惑をかけている。それはこころの奥に沁みこんでいる。

じゃあ、恩返しをと思うけれど、まだできない自分がいるのは事実。


やりたいことができないのも、このせいなのかな、重くのしかかる不安と、どうせ私は何もできないと思ってしまう無力感。


処方薬を飲むたびに「くそったれ」と思う。自分へのやるせなさ。

なんでこんな目に合うのか?

今言っても元には戻れない。


人間のこころって、わからない。

私はとても嫌な人間で、恨みや、妬み、嫉妬、うらやましさなど、いじけた根性が身についている気がする。

今日は自分が嫌い。薬飲んで、死んだように眠りたい。

下血と、オリモノ、子宮がんも心配になってきている。

手足のしびれが続く。でもりりかは今日はやめておこうと思う。

婦人科へも行かなきゃいけないみたい。


「甘え」だよね。「病気」に対する甘え。

でも弱虫は誰に甘えればいいの?甘えもすべてたちきって一人で自己完結しなきゃいけないの?

頭おかしくなりそう。



今は、変われなくても、いつかは廃人でない自分に戻れると信じてます。


今日の私はグダグダです。

楽しみにして、出かけたのに、家に帰れば、別居状態、熱も出てきて、さっき、包丁で失敗して切った傷からの血が止まらない。

元気なら、何のことはない出来事かもしれない。でも今の私には、「イライラ、きー」 という感覚を覚える。

誰か助けて。お父ちゃん、おばあちゃん、みりも、まりも、茶太郎、シモン、みんなママを助けて。

ほら、もう周りが見えなくなっています。これやばい兆候です。




みりも助けて。みっともないママを助けて。



にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ

テーマ:壊れそうな心
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。