1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「乳癌」ってなあに?

「乳癌」てなあに?

私にとっての乳癌って??

なんでブログを書くのか?



先週の金曜日でfecの投与が終わりました。


4回受けました。

赤い悪魔と思わず言ってしまうのですが、あのピンク色した点滴はおそろしや~。

数時間後から尿がピンク色、ひどい時は赤い鮮血色。


怖いよ~。こんな毒を盛られてるなんて。


でも、とりあえず一息つくことができました。

最後のfecがみりもの命日になるとは思っていませんでしたが・・・。


今は、わめきあがいても仕方ないのだな?

おとなしく治療を受けるしかないのだな~?

なんて、治療拒否の私が、やっとそう思い始めました。


癌宣告を受けた時は、ぐれました、ぐれてぐれて、死んでもいいとさえ思いました。


子供が産めなくなってまで生きていたくない!

おっぱいとられてまで生きていたくない!


完全にやさぐれました。


治療も決心がつかず、家族には散々説得され、それでもこころが決まらず・・・。


このまま、癌で死ねば楽だろうなとさえ思いました。


家に引きこもり。外に新聞も取りに行けない。


実家の母にも会いたくない。主人にも会いたくない。


孤独であること、それを選んでしまいました。


そんな毎日をひと月ほど続けた時、主人がブログでもやってみたらと、勧めてくれました。

でも全く乗り気ではない。

外界との接触を持ちたくなかった。

みじめだった、自分が。


でも、ある日主人が、テンプレートまで作り上げて、記事書けよと一言。

乗り気は相変わらずありませんでしたが、そこまでしてもらったので、久しぶりにPCを覗いてみました。


最初は仕方なく書いたのかな~。


でも書いていくうちに、人の優しさ、いただくコメントの暖かさに触れて、私はそのコメントを待つようになっていました。

同じ病の方が私のつたない記事を読んで、コメントくださる。

その人の優しさに心打たれました。

そして外界とのつながりの手段となってしまいました。


ぼやいてもいい、くじけてもいい、それを書かせていただくことで、様々なコメントをいただきました。

鼓舞するようなもの、共感してくれるもの、でもすべてが、こんな私に頂いていると思うと、ありがたくって仕方ない。涙ボロボロしながら、読ませていただきました。


ブログを始めたことで、やっと孤独から解放された、廃人でなくなったような気持ちにもなりました。


だから、みりもが亡くなっても、ブログが気になっている自分がいたんですね。


一人でも私のブログを見てくださる方がいる限り、続けたいと思います。

そして、同じ病の方の、少しのヒントになればいいかなと思っています。


お名前をあげたら、きりがありません。ここでは、皆さんのお名前は差し控えさせていただきます。

でも私のこころにはちゃんと届いています。

ありがとう。感謝しています。


ここまで私を連れてきてくださって。

一人では決してできないことだよと感じます。


写真ですが、みなさまに花を送りたいと思います。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ


テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。