1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「癌」で死ぬということ 続き

Tおじさんのこころを考がえてみました。


実は昨日からTおじさんの事が、頭から離れなくて、心配で心配で、仕方ないのです。


今日はお見舞いに行こうと思っていたのですが、ICUにいるのであれば、家族以外はお見舞いもできないし。

そして、なんか頭使いすぎなのか自分も熱出てきて・・・。


あーん、うまくいかない。

何に腹立っているのかもわからず、やるせなさと無力さと・・・。


おじさんの娘のYちゃんにあとで電話してみようと思って時間のたつのをじりじり、イライラしながら待っています。


「俺は死ねん。家族残しては死ねん。」
の言葉が頭から離れません。

「母ちゃん、点滴外そうかと思ったりする。安楽死ってやつになるんかな?」

Tおじさんの奥さんは、急性硬膜外血腫に突然みまわれて、それいらい、右半身不随、会話もできず、自分で動くことができない状態です。

私も千羽鶴を折って何度かお見舞いに行かせていただきました。

でも、何を語りかけても、身体をさすっても反応がない。

私が知っているのだけで、3回転院させられています。

今は、そういう患者さんだけを集めた、施設で過ごされています。

今の施設に移る前まで、Tおじさんは、自分の癌の治療をしながら、毎日一日も欠かさず、約一年、奥様の病院へ行っていました。

そして、奥様のための、毛布やブランケット、枕など、少しでも環境を良くしてあげるために、私に、買い物に付き合って欲しいと言って、よくスーパーや百貨店の寝具売り場に行きました。

「そんなある日、娘のYちゃんに電話してくれないか?」と頼まれました。

「母親があんなになってしまって、娘が一番辛いんだと。せめて話を聞いてやってほしい。」

「自分の事もカウンセリングできないのに、人に対して何ができるのか?」

それでも、電話していました。

Yちゃんは、電話の向こうで泣いていました。そうですよね。同時に、母親と父親の命の問題を背負ってしまったのですから・・・。


後でおじさんは言ってました。「娘にだけは、心配も苦労もかけたくないんや。」と。

今の私に何ができるのでしょう?

ただただ、祈るのみです。

「祈り」は届くと信じています。信じなきゃ届くものも届かない。

今病院で懸命に闘っているTおじさん、そして彼の一番の気がかりである、奥様、娘さん。

どれほど理解できているのかわかりませんが、精いっぱいの祈りをささげたいと思います。


神様は無情ではありません。

主人と一緒にお見舞いに行ける日を待ちたいと思います。


おじちゃん、「癌」なんかで死んだらだめだよ。私も頑張るから。

一緒にやっつけようね。

そう願い、祈る私の一日です。

おじちゃんが退院するまでに、好きなバラ育てておくから。



にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ

テーマ:壊れそうな心
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。