1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良かれと思って・・・。

良かれと思ったことは・・・本当はどうなんだろう?


実は、めったにない体験をしてきました。

すぐ近くに郵便局があるのですが、その帰り、郵便局の隣のスーパーの駐輪場でざわざわとした騒ぎが。

ちらっと見てみると、おばあさんが自転車から転んだ状態で顔から出血していました。

周りに集まっていろいろ話をしているおばさんたちがいたのですが、

周りにいるだけでなんかラチがあかない。


一人の同年代かなと思える主婦の方が、「救急車よびましょうか?」

と言っている声が聞こえました。



私はあまり外にいたくない気持ちだったので、そのままやり過ごすこともできたのでしょう。

でもあまりにも出血がひどいので、思わずその輪の中に入ってしまってました。


頭から出血しているようで、自転車で転んだ衝撃なら、強いものかもしれない。

それに85歳という年齢を聞くと、大腿骨などの骨折もあるかもしれない。

ご本人は、「家近くなので・・・」と言っています。

でも「家族誰かいるの?」と聞いても、頭がぼっとしているようで反応がないのです。


名前を聞いても答えがない。


やっぱり救急車呼びましょうと、同年代の主婦の方と話し、私はお店の人を呼びにいきました。

椅子を持ってきて、座れる状態を作ってもらい、荷物、そして自転車を、スーパーの方に託しました。


「サイレンの音が聞こえたら誘導お願いします。」といって、その場を離れました。

後はお店の方が5人ほどスタンバイしてくれていたので大丈夫だと思ったのです。


本当なら、最後までついて行ってあげる方がよかったのかもしれません。

でも自分の身体でそれはできなかった。


そして家に帰って、ハタと思ったんです。

その転んだおばあちゃんが、本当に病院に行きたくなかったのだったら、私たちの行動は余計なお世話。

そんなことを考えながら、何が良かったのだろうと考えてしまいます。

みなさんならどうされますか?


人のこころって、迷い込んだら抜け出せないものですよね。

私のとった行動は正しかったのか?

後半日は悩みそうです。


今日の私の目標メモは、洗濯、にゃんこのトイレ周りの掃除。

でもなんか悩んでしまって、できるか不安。




悩みといえば、家のアンジィ。モーちゃんより大人なのに、大きさが逆転してしまいました。


ちょっといじけてます。

アンジィは尻尾がいつもプリプリ動いている子で、一分に40回は振ってるんじゃないかな(^^)

それが、モーちゃんの素敵なおもちゃになっています。


アンジィの足は私の手の小指程度。手のひらも直径1cmあるかないか?体重だって、1200g程度。

チワワだもん、仕方ないよ。特にアンちゃんは極小犬なんだから。

でも家は年功序列という古いしきたりを守ってます。

だから大丈夫だよ。

あんこ


アンジィ


にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ

テーマ:心の持ち方
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。