1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来に何がみえる?

未来に何が見える?


今日一日、主人のおかげで、寝たままで過ごすことができた。

今の私は、とにかく、安静にして、体力を保つこと(食事を摂るように)、と先生に言われている。


主人は毎日仕事に行っているのに、休みの日も家事、洗濯などしてくれて、お風呂まで洗ってくれていた。


こんな身体の時は、普通に「ありがとう」と感謝の気持ちをつたえたらいいのに、また自分を責めていた。

「こんな身体になってめんね。」「役立たずの人間だね。」

と涙ながらに言っていた。

主人は、「もし俺が病気になったら、ちゃんと面倒をみてくれるだろ?」

「だから、家事をするのは当たり前のことなの。」



それを聞いても、私は「全く先が見えないもん!」「いつまで続くの?」と主人に、あたる。

主人は黙って聞いていたが、しばらくしてこう言った。

「俺だって怖いよ。」


先の見えない苦しみの中にいたのは、私だけではなかった。彼も同じ不安を抱いていたのだ…


家族って大切なもの…

共に生きることだと思った。



この子の目線の先には何がみえているのだろう?それが幸福なものであって欲しい。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村



テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。