1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きるということ

生きるということ



生きるって何だろうと考える。考えても考えても答えはでない。

よく「自分の置かれたところで精いっぱい生きなさい」という言葉を耳にする。

言っていることはすごいと思う。そうありたいと私も願う。

でも人はそれほど強くない。(強い方もいっらっしゃいますが…)

特に私のこころは、生きるということに対して弱者であることがこれまでの経験からわかった。

今の現状を受け入れて生きるということは、癌を受け入れること。これから治療という名のもとに

私の身体に起こりうることを、受け入れること。

そして、未来を見つめていくこと。

人間は、考えることをやめてはいけない。前に進めない。そんな言葉を聞いたことがある。

私はやめてしまっていた。

人の命に優劣なんてない。動物の命にも優劣なんてない。

運の悪さ?それだけで片づけられるものでもない。


今日、主人の母から電話があった。

たぶん、私の声が沈んでいたのだろう。

母は言った。

「病気にかかった人も、健康な人も、明日死ぬ確率は同じ。あっさり死ねれば、本人は楽だけど、周りの人間はつらいのよ。お母さんだって、明日事故に合って死ぬかもしれない。」

「元気を出せというのは、今のあなたには無理かもしれないけど、いつかそう思うようになるから。そう思ってほしいから。」


「その日が来るまで笑って生きなきゃだめよ!」

この母の言葉に、私は深く感動した。こういう励まし方ってあるんだな~!



一日一個でもいいから、うれしく感じることがあるといいな。
と思った。

そのためには、閉ざしてしまったこころを開かなきゃね。


些細なことでもいい、今までできていたことができなくなって当たり前。

少しの笑いを取り戻したいと願うようになっていた。

今日のうれしいことは母からの励ましです。とても深かった。




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村



テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。