FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットに教わること

ペットに教わること


動物を飼っていらっしゃらない方には理解しようがないかもしれませんが、

自分の家にいるわんこ、にゃんこはペットとは呼び難い。

もう家族の一員だし、宝物。


エサはご飯、トイレもうんち、ちーち―となってしまっています。


今みりもが入院している中、我が家では、次男のパールが唯一大人。

ちびたちをお願いね!と私はよく言っていますが、パールには何のことやら・・・。


でもこのパール、男の子なのに、とても遠慮深く、すぐいじけてしまうタイプ。


余計に気をもみます。

今日も夕飯の前菜に、レトルトのパウチを開けてパールにあげたところ、

新しい仲間が、がつがつと食べておりました。


パールは怒ることもせず、ただ身を引いて、そのちびが食べるのを眺めています。


うーん、これは情けないと思って、少し手を出してパールが食べれるようにしてみますが、

もういいらしいのです。


これもまたパールの性格。私はそれを受け止めて、次の対処法を考えなきゃなと思います。



人間にも、やたら上から目線で、他人を誹謗中傷したり、攻撃してくる方がいますよね。

職場なんて特にそう。

でも一つの言葉を取ってみても、受け取り方は人様々。答えなんてないんだと思います。

平気な方もいれば、傷ついてしまう方もいる。

そこで言葉という暴力が生まれる。


同じ人間だけど、一人ひとりにとって感じ方が違うことを、私も改めて考えさせられました。

八方美人という意味ではないのです。

相手の痛みをどれだけ理解し、それに共感し、寄り添っていられるか?


そういう人ならば、辛さの中にいる人は、救われる気がします。


「私が、」「私は」、「私の経験では・・・。」というのは簡単です。

それが相手のこころに響くかどうかはわかりません。

一歩間違えれば攻撃になることも。



家の子をほめるネタではないのですが、パールのささやかな遠慮深さに気づかされました。


あとで、上に行ってちゃんとご飯あげるからね。

それでパ―ルは満足でしょう。遺恨も残さずに・・・。きっとすべて忘れて眠りにつくでしょう。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村


テーマ:乳がん闘病記
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。