1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きていることの幸せ。

生きることの幸せ

多くを求めない、生きている、それだけでいい。


昨夜はほとんど眠れなかった。こころが弱い証拠です。

今日の検査結果。


採血の後、1時間待った。

肝臓の値が下がっていた。しかもパニック値が5つもあったのに、オーバー数値は3つになっていた。

パニックとは言えないレベル。

どれも、4日間で下がるような効果ではないほど、下がっている。

まずは、内科のK先生がびっくりしていた。

まだ執行猶予中ではありますが、先生は不思議がっていました。

なんでこんなに落ちたんだろうね?

それ私のほうが聞きたい。「なんで前回あんな数値がでたの?」

私は思わず、内科のK先生と握手!!

(また調子こいちゃった・・・。)


条件付きだったけど・・・。

「とりあえず安静を守ってください。そして、食事は何でもいいから、頑張って摂ること。」

今日は、点滴1パック投与で、無事釈放されました。

次回のN先生の診察日まで約10日間の仮釈放・・・そんな気持ちです。



皆さま、ご心配をおかけして、申し訳ありません。


でも、いろいろ考えました。「なんでこうなったのだろう?」



悪いのは私。私がすべてまねいたこと。

「癌」という病気に、こころが負けて、身体が蝕まれてきて、闘う力を失ってしまった。

やさぐれてしまった。 それが原因。

あのまま、一人で病気を抱えていたら、こんなレベルでは終わらなかったかもしれない。



ブログを始めたことで、みなさんに、励まされ、アドバイスをいただき、そして時にはお叱りをいただき、そういう日々が私に力をくれた。

この危機を今回、回避できたのは、みなさんのおかげです。


ありがとう。そして、改めて、一人じゃない、私は恵まれていると深く感じます。感謝しきれない…。



病気と闘う強さが少し身に着いたかもしれません。ちょびっとでも…。

今、与えられた人生の時間を受け止めること、それ以外、多くは求めない。

そういう生き方をしていけるような気がしています。


もちろん、いつ入院しなきゃいけなくなるか、わかりません。

でもその覚悟も今日ははっきりと胸の内にあります。


私、健康な時でさえ、こんなに強くなかった。

生活の楽しさ、自分への甘さ、そういったものが強くこころにあった。


でも今は、求めない。現実しか見ない。
もちろん、「病気」に対する将来像は求めています。
でもすこぶるシンプル。

ただ、ただ、生きていること。それって、素晴らしいことだと思えます。


与えられた命、どう生きるのかはその人次第。

でも私は、そんなこと言える人間ではありません。弱くもろい人間です。

いつ、つまづくか、いつ開き直るかなんて自分でもわからない…。


今日ほど、自分の命を考えたことはなかったかもしれません。


本当にみなさま、こんな私を支えてくださってありがとう。



あと、家のちびちゃんたち、ありがとう。ママはまだ生きているよ。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村


テーマ:乳がん闘病記
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。