1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土砂降り・・・。痛み+。

土砂降り・・・。思わぬ痛み・・・。


朝起きたら、ザーザーのどしゃぶりだった。

暑さも少し和らぐかなと思いつつ、寝室からリビングへ降りた。

階段を降りる瞬間に、感じた左足の膝下の痛み。

激痛というほどではないが、寝ぼけていたので、手すりを持たなければ階段落ちしてたかも・・・。


無事セーフ。でも焦ったぁぁ。

冷や汗が出るくらい焦った。

リビングに降りて、一瞬何が起きたのかわからず、座り込んでしまいました。



おバカな私は、3年前、自転車で自らコケてしまい、何がどうしてこうなったのかわかりませんが、

左膝した、脛骨、腓骨複雑粉砕骨折をやらかしてしまいました(--)

自分で勝手に転んだので、言っていく先もなく、「書初めは、自業自得か自己嫌悪」にしろと

主人にからかわれていました。

ギブスで治るレベルではなく、手術の上、脛骨内にチタンの金属を入れる手術を受けました。膝から足首まで・・・。


痛かった・・・。まず、骨折の場合、折った足が縮むのを防ぐためにかかとに、一本の穴をあけ、重りをぶら下げてベッドに寝たきりで数日過ごします。

それから、チタンの金属を膝のお皿にメスを入れ、足首まで脛骨内を通します。


3時間位の手術だったと聞いています。

でも、麻酔が覚めてきたころ、激痛に襲われます。自分の足はあるのに、なんか、なもうそこにない感覚。


反対の話ってよく聞きますよね。

事故や、病気で、悲しくも切断などになってしまった方は、もうそこに自分の足や腕がないのに、あるという感覚に
襲われる。

私は動けないながらも、何度も何度も足を触り、そこにあることを確認しました。

そして、まっすぐに寝ているはずなのに、ぐちゃぐちゃに折りたたまれている感覚も強く、

急に怖くなって、上半身だけで、ベッドから降りようと無茶なことをしてしまいました。そして落ちた・・・。


もちろん仕事がら、腕の力には自信があったのですが、麻酔の効いた身体では、腕一つで自分の身体を持ち上
げることができませんでした。

結局看護師さんのお世話になり、持ち上げてもらいました。お小言もいっぱいいただいて。

すみません・・・。ご迷惑かけて・・・。


ただ今思うと、この時、どんな痛みがあろうと、不自由を感じようと、涙を流すことはありませんでした。

「乳癌」では、全く逆の反応。やっぱり女性としての気持ちが強くでたのでしょうか?

3か月の入院で、車いすから、松葉づえになり、退院。これは私の希望退院です。

そのあと、リハビリに、通い続けました。


で、退院後半年くらいで、整形外科の先生が、もう診察しなくていいよと言ってくださいました。

一末の不安を残して。だってレントゲンで見る限り、私の腓骨はまだ粉砕状態。

それでも脛骨がくっついたら、大丈夫とのことでしたので、リハビリに通いながら筋肉をつける運動をしました。


痩せたい時には、痩せない。そして、筋トレしたい時は、なかなか筋肉がつかない!

なんて矛盾・・・。

雨が降ったら、骨折した方は、傷が痛むとよく聞きます。でも私には、全くなかった。


でも今日は何故か痛みを少し感じました。


湿気のせいなのかな~?

おバカですが、私は、足の怪我に対して、スキップができるようになること目標にしていました。

もうクリアしています。ランラ、ランラ、ラーンです。

朝からおバカなことを考えて過ごしてしまいました。

今も私のスキップとケンケンは健在です。

雨ってすごいのかな?



外にいる猫ちゃんたちが、雨に濡れないように、ただそれを願っています。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ

テーマ:メンタルヘルス・心理学
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。