1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みりもの命

皆さま、ありがとう。
みりものためにいろいろコメントいただいてみりは幸せ者です



わたしも悩んで悩んでそういう結論になってしまいました。

病院にいれば少し、ほんの少しでも楽になれる処置をしてくれる。処置事態がみりにとって辛いものだったかもしれません・・・。。

でも抗がん剤中の私には、もしかしたらそれを考えてあげる余裕がなかったのかもしれません。だから後悔したくなかった。

ただただ、生きていてほしい、その気持ちだけでした。

この子を失ったら、私も生きていくすべが見えなくなる。そして私の病気も何もかもみりもがもっていこうとしている気がしていたのです。


もちろん、家で、送ってやりたい、そういう気持ちもありました。でも、今の自分には、できない部分が多すぎる。それで後悔するのなら、信頼のできる先生に診てもらっているほうが、みりのためだと思ってしまいました。決して考えなしで選んだ選択肢ではないこと、ぜひご理解ください。


確かに。家族。かけがえの家族。小さな命ですが、こころもあり、感情もある、そして深い愛情もある。

そんなみりを病院に預けた私は冷たいのかもしれません。

でもこころではずっと泣いていたのです。

私は、愛玩動物飼養管理士とやらの資格を持ち、ペット看護師もできます。

その私が、このままでは、苦しみは取ってやれないと判断しました。


でも後悔はいつまでも続くのですね。


一つの命の重さ、これまでに何匹も天国へ見送ってきました。

家で旅だった子、病院から帰ったその日に旅だった子。

でも、みんな、兵庫に住んでいるのに、東京にいた私を待っていてくれました。

だから最後はお別れもちゃんとできました。


何度経験しても、こんなつらいことはありません。動物でそうなのですから、子供さんのいらっしゃる方、

こんなことがもし起きてしまえば、言葉にできません。


今日みりもにあって、明日からずっと通います。

先生の判断次第では、連れて帰るつもりでいます。

だって宝物だから・・・。

皆さんありがとう。あと少しみりもは頑張るのかな?
ママとしては、がんばらなくていいよ。みりらしく、いてください。それがママのお願い。そして決してママの病気を背負わないで。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ

テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。