1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の「命」とみりもの「命」

みりもの「命」

自分の「命」

おんなじ重さ・・・。




今とっても不安定な私がいます。

もちろん自分の身体の事もそうですが、先日獣医さんから「みりもの命はそれほど長くないでしょう。」との一言。

「それほどってどれくらい??」と聞いてみましたが、先生にも明日か明後日か、また一か月語なのかわからないとのこと。



私は弱虫です。今までかわいがってきたしっぽの生えた天使たちが、天国への橋を渡る度に、数か月立ち直れない。

いつも、その子の使っていた、ベッドやおもちゃ、大好きな食べ物を見るたびに涙。号泣っていうのですね。

泣いています。今も思い出すと涙があふれてくる。

だから今はみりもの命を考えるだけで、こころが破裂しそうになる。


本当に家族と一緒なんです。


父を、祖母を亡くした時も、葬儀の席で、失神してしまったくらいなので・・・。

お恥ずかしいですね。弱虫「ぴよこまめ」は。

取り乱さないはずがない・・・。自分の中でそう感じていました。


優しくても強くなければいけない。という言葉とても納得できるのですが、

私は自分が優しいのか、冷たいのかさえ分からなくなってしまいました。

強いなんて絶対言えません。



主人に、みりのこと相談しました。


「お前の身体をまず第一にしてくれ。みりもは俺も協力するからできるだけのことをしよう。」

「お前が自分の命に代えても守りたい命なんだから・・・。」
と言ってくれました。

入院させてから、ほぼ一日おきに面会に行っています。

でも昨日聞かされた前述の獣医さんの言葉・・・。


しっぽの生えた天使たちを、引き取った時から、覚悟はできています。

いずれ、私より先に旅立ってしまうことを。

でも、その猫生、犬生を幸せに、全うさせてあげるという、気持ちになれてから、引き取っていました。


今抗がん剤を受ける自分、神様が私に与えた試練というのか、反面、その理不尽さにも「なんで??」

「どうして今なの?、どうして今私から一つの命を奪おうとするの?」

やるせないです。



今日は起きてから、私は、主人を見送る前に、「みりもに会ってくるね。」とメモを残し、動物病院へ。

朝行けたのは、電話してみると、「特別治療室が空いているから面会できますよ。」と先生が言ってくださったからです。


今日のみりもは、ぐったりとはしてました。食欲も今朝からないそうです。でもバイタルサインはきちんとある。

軽くなったみりを抱っこして、しばらくそこで過ごさせてもらいました。

途中、先生が、お腹にたまった膿を抜きにきました。

そして再度エコー、レントゲン。連れていかれるみりもを、見送りながら、「頑張れ~、頑張れ~」とこころで叫んでいました。

獣医さんには、私自身の癌の事を伝えてあったので、とても気を使った対応をしてくださいました。

他の診察も忙しいのに、みりと過ごせる場所を作ってくれました。

私は、検査から戻ってきたみりをまた抱っこしました。

まるでみりのにおいを身体全身に沁みつけるように。

薬品のにおい、ステロイド剤のにおい。でもふんわりしたみりも特有のにおいを身体いっぱいに沁みこませました。


「先生、もうだめなら連れて帰ります。」

「この子の場合判断が難しいんですよ。みりもちゃんは、数値的にも悪い時もあります。でも今日は昨日より、いい数値が出ています。お腹の水を抜いた時に、膿もかなり多く取れました。少し楽になったのではないかと思います。でもおなかの膿が急激に増えて体内に破裂すると、即死することもあります。

でもこの子はまだ生きようとしています。バイタルははっきりとしてそれを証明していますから・・・。みりもちゃんの生命力を信じて、もう少し治療させてください。今日の夕方でも何回でも面会に来ていただいて構いません。」


「いい先生にめぐり会えたこと、幸せに感じました。獣医さんて、やっぱり動物の事考えてくれてるんだな~、治療させてください、なんて言ってくれるその先生に信頼を持ちました。」


実は私は、獣医になりたいと夢を持ったことがあります。でも、理数系が弱かったこと、そして動物実験や、解剖などの現実を聞いて、諦めました。

「私には絶対できない・・・。」



途中検査も入れて3時間ほど滞留させていただきました。

今日は、先生を信じて、入院させていただくことにしました。

夕方また行くつもりです。

みりも、ママはたとえそばにいなくてもいつもあなたの事を考えています。
大切な子供だから・・・。愛するみりもだから。
ママの気持ちがハリーポッターのメールのように、みりもに届け!
にゃんこ語でわかるように・・・。そう願う私です。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ

テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体

プロフィール

ぴよこまめ

Author:ぴよこまめ
女性フォトグラファー
心理カウンセラーで、
わんこ・にゃんこたちを
愛してやまない私。
乳がんの闘病記
人のこころ、動物のこころなども
ポツポツ書いていきます。

タイトルは、ふくねこ食堂さんから暖簾分けしてもらいました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問ありがとうございます。

ようこそ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。